補助金とは77 待機児童と補助金|ブログ|ブログ|一般社団法人 日本タックスプランナー協会: そろそろ税金を使おう

ブログ

2016年10月22日

補助金とは77 待機児童と補助金

tt.jpgunspecified-1.png
出典 http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/14696

保育園や幼稚園には多くの補助金が使われています。
ちなみにですが、保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省です。
それぞれ少しづつ制度は違いますが、社会の共通財産である子供を、税金を使って育てようという大きな流れは同じです。
税を使って教育・育児をする、という形や規模は異なってもどの国でもどの時代でもある、スタンダードな方法です。

さて、これらのカテゴリーで最近よく話題になるのは、待機児童です。(※)
従って、補助金を出す大きな目的も待機児童の解消となります。
この場合、目的と手段に分けると次のようになります。

・目的 待機児童の解消
・手段 補助金

至極当然です。

ただし、お金を交付すればその瞬間に待機児童が解消されるわけではありません。
保育園がそのお金を使って何かをしなければ待機児童の解消には繋がりません。
そして、今、待機児童を生み出す最も大きな理由と考えられているのが、保育士不足、そしてその原因である保育士の待遇が悪いこと、です。
だから保育士のなり手がおらず、続かないため、保育園を新設したり、拡大することが難しいのです。(※2)

これらを踏まえて目的と手段を細分化すると・・・

・(最終的に達成したい)目的 
→待機児童の解消

・(目的を達成するための)手段 
→保育環境改善(保育士待遇改善・遊具充実)

・(手段を実現するための技術的な)手段 
→補助金を使って保育士の給料を上げる

・・・となります。

問題の根本を保育士の不足、あるいはその理由である保育士の待遇の悪さに求めているということになります。

では、どうすれば効率よく保育士の待遇を改善できるでしょうか。
こうした問題に最も効果的なのは「底上げ」です。
保育士の中でも待遇には差がありますから、待遇の悪い保育士を優先的に補助することが効果的です。
他の業界と同じく、大手に勤めている保育士より、中小零細規模に勤めている保育士の方が金銭的な待遇はよくない傾向にあります。

3d1a2622e9a33dd0fef78f4d5b73e00b.png

ということは、中小規模の保育園に補助をすれば、問題解決に最も効果が期待できます。

しかし実際にはそううまくいきません。
なぜなら、特に経営基盤が弱い園を補助したいところですが、そういうところは申請ノウハウや事務処理能力がないので、補助金を受け取れず、結局は体力があるところが補助金を集めてしまう傾向があります。(※3)

そしてさらに問題が複雑なのは、体力がある大手が補助金を集めた結果、(当初の目的である)保育士の待遇が改善されている可能性があるという点です。

20141111170627.png20151124050423.png

過去の推移を見ても、保育士の給与の方が、民間給与全体よりも「下げ幅が小さい」ことがわかります。
相対的に見て、保育士の待遇は改善されているといえます。


このパラドックスを分解するために、補助金を受け取る保育園が「大手」の場合と「中小」の場合とで分けて考えてみます。
補助金を受け取ったのが・・・

「大手」の場合
良い面
事業計画・事業基盤いずれも強固で経営安定
→保育士の給与も比較的高水準
→遊具なども充実する傾向
悪い面
強者がますます強く。格差拡大。
腐敗不正の温床に。

まとめると、「使えるし使ったら効果も出るが、使っていいのか」
「中小の場合」
良い面
事業計画なし。経営基盤なし。給与水準低い。
→補助金で補完できる。
→底辺拡大
悪い面
運転資金に吸収され、給与に回らない。
まとめると、「使えないし使っても効果は薄いが、使わなくて良いのか。」


甲乙つけがたい、あるいは、税の使い道ということも踏まえて三すくみ、と言えるかもしれません。


しかし政治とはそういうもの。
100点満点の回答はなく、51点と49点との選択をするものです。
だとすれば、良い部分はそのままでもちろん良いのですから、
悪い面をどう改善するか、あるいは「どちらから」改善するかという命題になります。
本質に立ち戻って考えると、解決すべきは「保育士の待遇」なのですから、「運転資金に吸収され、給与に回らない」を優先して解決すべきとなります。

自由経済や信賞必罰の原則に従えば、具体的には次の2択になるでしょう。

1)運転資金に使った場合の罰則を設ける
2)運転資金に使わずとも済むように経営改善を後押しする

北風と太陽です。
1)は官が、2)は民が、それぞれ担うのに適しています。
(逆の役割分担を考えると明白です。)

タックスプランナーも補助金申請支援も、具体的にはこのために存在します。
もっといえば、これを担えないなら、ただのお飾り、趣味に過ぎないわけです。

注射一本で全ての病気を治せるはずもありませんが、だからと言って注射が否定されるものでもありません。
補助金という注射で、実は保育士の待遇は多少なりとも改善しています。
大手にいればそれだけで、中小にいても大手への転職の自由はあります。
また、大手もその力を使って潤います。
問題を細分化したとき、取り残されているのは中小保育園(の経営者)です。


(※)実は待機児童自体は昔からいたのですが、それほど問題視はされていませんでした。
もっと他に切実な問題があったからです。
年金なども同じで、昔からなんら状況は変わっていません。
他に心配することが徐々に減ってきたので、将来のことを気にするようになったというだけです。

(※2)
なお、この構図は看護師の不足に似ていますが、同じように不足している職業なのに、保育士と看護師の待遇には差があります。
これは政治も絡む興味深いテーマですが、本題から逸れますので、別に取り扱います。

(※3)
そうなると、中小や保育士に補助金が行き届かないという状態が生まれてしまいます。
この状態はもちろん好ましくないのですが、普段実務で接していると、実は中小にも甘えがあります。
「まるで不平不満を言うために弱者でいるよう。」とコメントした関係者もいます。
曰く、「私はいいことをしているいい人だという思いが強い。
これ自体は悪いことではないが、いいことをしているから周りが認めてくれて当然という姿勢。さらにこれが過ぎると、周りが助けてくれて当たり前という姿勢になってしまう。
反面、ちょっと反対があるとくじけてしまう。
結局社会(役所・周辺住民)を批判することに時間を使い、事業基盤の強化には取り組めない。
自己の尊厳を守るためとは思うが。」




<情報提供・各種セミナーご案内>

補助金・助成金をはじめとした各種情報提供を行っています。
講座やセミナーなど、最新のイベントはこちらをご参照ください。
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/7367

160728 ボタン2.png


<メール会員登録フォーム>

一般社団法人日本タックスプランナー協会では無料メール会員を募集しています。
会員登録をすると、補助金・助成金をはじめとした最新情報が完全無料で届きます。
退会は自由です。
(只今キャンペーン中です)

ご登録はこちらから
http://www.reservestock.jp/subscribe/45449
160728 登録ボタン.png