タックスプランナー®と他のよく似た資格や団体、養成講座との違いは何ですか?|資格について|よくあるご質問|タックスプランナー: そろそろ税金を使おう

よくあるご質問

Qタックスプランナー®と他のよく似た資格や団体、養成講座との違いは何ですか?

本協会は、世界に先駆けて、『税金を適正に収めることはもちろん、
それを受け取り、責任を持って使う。』という理念を掲げ、
普及促進することを目的としています。

だからこそ、名称もタックスプランナー®であり、
補助金ブローカーでも助成金コンサルタントでもないのです。

補助金を例に取っても、これは、国民が納めた血税を、受け取って、
自分の思い通りに使うという制度です。
高い専門性と倫理観が求められるのは当然です。
その両者を啓蒙育成するための資格がタックスプランナー®です。

また、税に関する資格としては税理士がまず思い浮かぶことと思います。
税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、
申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、
租税に関する法令に規定された「納税」義務の適正な実現を図ることを使命とするとされ

(税理士法1条)、業務として、他人の求めに応じ、
各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行う。
とされています。

使命は「納税」です。
一方、タックスプランナー®はそれを「受け取り」「使う」ことに使命を置いています。