アドバンスドタックスプランナー養成講座||講座情報|一般社団法人 日本タックスプランナー協会: そろそろ税金を使おう

    • HOME » 
    • 講座情報 » 
    • アドバンスドタックスプランナー養成講座

講座情報

アドバンスドタックスプランナー養成講座


・対象

(シニアタックスプランナー合格者が対象です)
クライアントや見込み顧客の申請を支援して利益を得たい方向け

・受講料 32,400円

・受講内容
アドバンスドタックスプランナーとは
補助金申請を支援できる能力を身につける資格です。
シンプルに支援業を営むことも出来るうえ、営業先や取引先の補助金申請を支援することで、ビジネスチャンスを広げることができます。
人の申請を支援するためには、情報を聞き出す能力が最も重要になります。
当講座のカリキュラムは、この「聞き出す」能力の育成に主眼を置いています。

シニアタックスプランナーが自分の頭の中にあることを申請書に書き出すための資格だとすると、アドバンスドタックスプランナーは人の話を聞いて、それを申請書にまとめる資格といえます。

・カリキュラム

1・ロールプレイ:審査員の位置
自己紹介の仕方

1)Aさんが自己紹介をする。 BさんとCさんはそれを聞く

2)Bさんは聞いたことをAさんとCさんに説明する。

3)AさんとCさんは、Bさんの説明に対して質問をする。Bさんは答える。知らないことも頑張って答える。

4)交代-Aさんは時計回りに交代。全員が自己紹介するまでまわす。

2・必要スキル(作業順)

5)申請書を書く《目的》
4)聞いたことを文章化できる
3)必要事項を聞きだせる
2)効率的に質問できる
1)わかりやすく説明できる

3・目的と目標と手段と~申請書を書く目的~

作成料として・・・
1)お金をもらう
2)お金以外で契約を取る

~目的と手段~

説明・質問(手段)

申請書を書く(目的)

申請書を書く(手段)

作成料を得る(目的)

4・ロールプレイ:説明する

~要説明事項~

・ベネフィット《目的》
・コスト
・スケジュール

5・ロールプレイ:質問する

~質問すること=聞き出すこと~

1)どこにいる人に売るか2択
・既存の商圏に売る
・新しい商圏に売る

2)何が売りか3択
・「初」(地域初・業界初・・・)
・「こだわり」(コンセプト)
・「満足度」(広範?特定?)

3)どうやって売るか3択
・お客様の声
・外注・業務委託
・システムを使う

6・文章化
~文章化の目的はドラフト~

・ドラフトを作成する《目的》
・認識を一致させる
・書いて見せる

7・申請書を書く

(なにをするか)
1)どこにいる人に売るか
2)何が売りか
3)どうやって売るか

(それをするのにふさわしい理由)
1)資格
2)経歴
3)実績

8・HONDA式3カ年計画3か条

計画は計算で作る
計画は実績命
まずはやる




line_blue.png

b367b4c7e1b596bd231abbc7cea0d6415edd4b1e.pngそろそろ、税金を使おう。補助金・助成金「税金の受け取り方」AtoZ

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス