ごあいさつ||協会について|一般社団法人 日本タックスプランナー協会: そろそろ税金を使おう

協会について

ごあいさつ

profile.jpg
「そろそろ、税金を使おう」をキャッチフレーズに、補助金を申請するための資格が創設されました。「タックスプランナー」といいます。

この資格の認定・運営団体として、 一般社団法人日本タックスプランナー協会が、平成27年6月12日に創設されました。同年6月末にはプレスリリースも行われ、7月から講座がスタートします。この日本タックスプランナー協会の代表理事に、私が就任することとなりました。まずは就任の挨拶させていただきます。

納税は当然のことながら適正に行い、理念を持って補助金を受け取り、使う。そんな21世紀型の税金のスタイルを標榜する資格・協会です。実際、税金を払うだけではなく、受け取って使うという補助金の制度は、日本にしかありません。これはある意味当然で、成熟していない国で導入すると、不正受給の嵐になってしまいます。日本は長らく先進国の地位にあり、その教育水準は国際的にも高いものがあります。よって、使い道を合理的に考えるだけの力があります。加えて、災害時にもきちんと列に並ぶ程の高いモラルも併せ持っています。

だからこそ、性善説に基づいた補助金制度を持つことができるのです。 教育水準とモラル、そのどちらが欠けてもこの制度は成り立ちませんが、現代の日本にはそれがあります。どちらかが欠けているときは、我々民衆は税金を納めるだけ、使い方はお上が決める、というスタイルが合理的です。いわば20世紀の税金スタイルです。しかし、今日本には教育水準もモラルも両方あります。したがって、自ら税金を受け取り、使うこともできるはずです。これはまさに21世紀型の税金スタイルといえます。世界初・日本発です。

いかがでしょう。ロマンがあると思いませんか。払うだけではなく、受け取り、使う。そんな21世紀の税金制度を、日本発で、世界に発信できたとしたら。
この理念を持って、タックスプランナー制度はスタートします。だから、名前は、補助金ブローカーでも、助成金コンサルタントでもないのです。まずは就任のご挨拶として、協会の理念をご紹介させていただきました。

ご精読ありがとうございました。引き続き、講座の紹介などもさせていただきます。今後とも宜しくお願い致します。



line_blue.png

b367b4c7e1b596bd231abbc7cea0d6415edd4b1e.pngそろそろ、税金を使おう。補助金・助成金「税金の受け取り方」AtoZ

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス