マスタータックスプランナー養成講座||講座情報|一般社団法人 日本タックスプランナー協会: そろそろ税金を使おう

    • HOME » 
    • 講座情報 » 
    • マスタータックスプランナー養成講座

講座情報

マスタータックスプランナー養成講座


・対象

(アドバンスドタックスプランナー合格者が対象)
セミナー講師を目指す方向け

・受講内容

マスタータックスプランナーとは、シニアタックスプランナー養成講座の講師となるための講座です。
一層深い知識を身に付けつつ、講師としての教え方をマスターできるようになります。

アドバンスドタックスプランナー合格者が対象です。

・受講料 129,600円

・カリキュラム

~教え方を学ぶ~

1.面白いことを教えようとしていると肝に銘じる
なぜ補助金を学ぶのか。学ぶとどんなロマンがあるのか。

2.生徒が上手くできないのは、自分のせい
覚悟と成果は比例する

3.まず全体像を把握させること
現在地がわかればルートもわかる

4.物語仕立てで語る
説明は反発される

5.実況しながら実際にやって見せる
両方必要

6.あなたを機械にするのではなく、あなたが学ぶ手助けをするのが目的だと告げる
念のために学ぶのか、常に意識

7.まずはダメなことははじめに厳しく叩きこむ
そっちに行くと崖ですよ。

8.やるべきことを一つだけ、具体例をあげてしつこく教えよう
二つ目は家に帰ってから

9.一つのことを教えたら、あとは自由に学ばせること

10.やり方とコツを示したら、細かいことまで押しつけるべきではない
道は百も千も万もある

11.すべての手立てを尽くして褒めてあげる

12.「とにかくやれ!」と叱って生徒がやるようなら、世界中の人が名コーチになる

13.なぜミスをしたと思う? と問いかけて反省させてみよう

14.とるべき行動に名前をつけさせる


アドバンスドタックスプランナー養成講座をシミュレーション

1・自己紹介を作る

独自のものは自己紹介のみ

第一印象は重要

なにで第一印象が作られるか

自己紹介
服装
笑顔

写真とプロフィールでお見合い相手を選ぶ。

自己紹介の主人公は相手
自己紹介に2度目はない
フルネームで
7秒と2時間
どんな印象を与えたいかを決めてから内容を決める
おすすめは「すごい」
アドリブ禁止 突如付け加えてうまくいくことは稀。
抽象的<具体的
自己紹介は技術。練習すればうまくなる。

こんなすごい人が教えてくれるんだ、と思わせればよい。
これさえ機能すればあとは台本棒読みでもいける。
大学の教授は話上手ばかりではない。が、熱心に学生が聞くのは、その道の権威だから。

代表すごいんです。
協会すごいんです。
講座すごいんです。
(私もすごいんです)

物語で自己開示
歴史<ニュース

3人でワーク。質問でブラッシュアップ。

2・台本を読む

芝居はいらない

声が命・・・だが。ちらっと見たときに笑顔だと効果大。

聞き手が主人公

自分がどれだけ早口か知る

台本はできるだけ見ない。ウンウン頷いてくれる人を探してその人に向かって話す。

止まっていい。

ゆっくり>止まる>早口

小声は全く問題ない

3・緊張

緊張はするもの。でもしてはいけない。

4・不安

不安を明らかにしておく。
自分より詳しい人が来たら
質問に答えられなかったら
お腹痛くなったらetc

対応策を明らかにしておく。
即答しなくて良い。しないほうが良い。

不安を書き出す
シェアする
対応策を考える

グループ毎にまとめる

すべての不安を予測し、それに対応策を考えておけば、理論的には負けない。

5・教えることはそもそも可能か?

教えるとは

考え方を伝えるだけ

聞く < 書く < 話す < 実行する < 教える




line_blue.png

b367b4c7e1b596bd231abbc7cea0d6415edd4b1e.pngそろそろ、税金を使おう。補助金・助成金「税金の受け取り方」AtoZ

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス